感謝の気持ちを伝えるお中元|知っておきたいマナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

お中元を贈る時のマナー

和服のウーマン

夏になると親戚やお世話になった人に贈り物をすることがあると思います。そんな時、気になるのがお中元とお歳暮のどちらを贈るのかで迷う人は少なくないのではないでしょうか。
お中元とお歳暮はどちらも同じように思えますが、実は違いがあるのです。お中元は7月から8月の半ばまでの時期に贈るもので、夏バテしていても食べられるようなそうめんや、ビール、ようかんなどが定番です。一方、お歳暮は12月10日から20日の期間に贈るもので、年末の家族が集まる時期に家族みんなで食べられるようなフルーツやハムなどが定番の贈り物です。夏に贈るお中元はいくつかマナーがあります。まず、相手の自宅に出向いて渡す場合は、事前に伺うことを伝えておくことが大切です。時間帯は12時~13時の昼食の時間帯は避けたほうが良いでしょう。そして渡す時は風呂敷や袋から一度取り出して、最初はのし紙を自分の方に向けた状態で持ち、それから相手の方に向けます。そして「つまらないものですがどうぞお納めください」といった一言を添えると良いでしょう。また、相手方が喪中の場合は贈らないほうがいいのではと思うかもしれませんが、お中元はお祝い事ではないので特に問題ないです。それか、暑中見舞いや残暑見舞いのように時期をずらして贈ると良いでしょう。いつもお世話になっている人や親戚に感謝の気持ちを伝えることは大切なことです。受け取る相手のことを考え、失礼のないようにすると良いでしょう。

喜ばれる引き出物の選び方

プレゼントボックス

結婚式は人生の特別なイベントで、多くの人がお祝いに駆けつけてくれます。そんな人たちに感謝の気持ちを伝える手段として引き出物があります。相手のことを考えた上で慎重に選ぶようにしましょう。

もっと見る

良い花屋の見分け方

フラワー

花はプレゼントとして贈るのに最適です。華やかな見た目と香りで、特に女性へのプレゼントとして喜ばれます。大阪にはたくさんの花屋がありますが、その中で良い花屋を見つけることが大切です。

もっと見る

その場に合った花を贈る

花

一言でフラワーギフトといっても種類がたくさんあってどれを選べばいいのか困ってしまうのではないでしょうか。フラワーギフトの上手な選び方を事前に知っておくと選びやすくなるでしょう。

もっと見る

Copyright © 2016 感謝の気持ちを伝えるお中元|知っておきたいマナー All Rights Reserved.